今村紫紅

アート

今村紫紅

いまむらしこう

 明治期の画家。1880−1916。35歳で死亡したが、俵屋宗達の「風神雷神図屏風」を現代的な視点で描いた。

この業績で、尾形光琳酒井抱一などの「琳派」の芸術を正当に受け継いだといえる。