今中大介

スポーツ

今中大介

いまなかだいすけ

元プロロードレーサーツール・ド・フランスが本格的に競技化されて以降,初めてツールに出場した日本人。現在は自転車と関連商品の輸入業のインターマックス代表。


シマノレーシングの選手として、ツール・ド・北海道3勝、国体ロード3連覇など国内タイトルを総ナメにし、国内最強のアマチュア選手となる。

1994年プロに転向。イタリアの名門プロチーム、“ポルティ”と契約してヨーロッパ各国で転戦を開始。翌年、世界の3大自転車ロードレースの一つ、ジロ・デ・イタリアに出場。

1996年 日本人のプロロードマンとして初めて(今のところ唯一)ツール・ド・フランスに出場する。同年、日本人で初めて男子ロードレースワールドカップポイントを獲得。

1997年ジャパンカップを最後に引退。翌年、イタリアフランスからの自転車の輸入を主な業務とする(株)インターマックス設立。同時にスポーツサイクルアドバイザーという立場で、テレビやラジオに解説者やコーチ役などで出演。

出版物でも専門誌のコラムの連載やインプレッションから、一般情報誌の企画物の出演まで、多方面に、精力的な活動を展開している。

2001年3月に亡くなった漫画家あすなひろしは叔父。