今夜はブギーバック からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

音楽

今夜はブギー・バック

こんやはぶぎーばっく

小沢健二スチャダラパーコラボレーションにより誕生した音楽界の奇跡。小沢健二がメインの「nice vocal」バージョン、スチャダラパーがメインの「smooth rap」バージョンの2種類の楽曲を指す。

「ラップ」が定着していたなかった日本のポップシーンに革新をもたらした作品で、スチャダラがラップでパーティーを盛り上げながら、「心のベスト10第1位」だったという小沢の歌メロに繋ぐという構成になっている。

概要

小沢とスチャダラが家が近所だったという縁からコラボを行うことになり、1994年3月9日に「小沢健二 featuring スチャダラパー」名義の『今夜はブギー・バック (nice vocal)』と、「スチャダラパー featuring 小沢健二」名義の『今夜はブギー・バック (smooth rap)』をそれぞれのレコード会社から同時リリースした。

1995年12月1日にリリースされたスチャダラパーリミックスベスト「Cycle Hits〜remix Best Collection〜」では『今夜はブギー・バック(smooth rap) Remixed by 小山田圭吾』として、小沢のフリッパーズ・ギター時代の盟友であるコーネリアス小山田圭吾が小沢の歌メロを歌うという掟破りのリミックス作品をリリースした。

カバー

宇多田ヒカルのライブにスチャダラパーが出演し「今夜はブギーバック」をカバーしたり、2006年に映画「男はソレを我慢できない」の主題歌として起用され、竹中直人ワタナベイビーが「今夜はブギーバック」をカバーしたりと、数多くのアーティストにカバーされている。

CD

オリジナル

LIFE スチャダラ外伝

カバー

Eclectic チャッカマンズゴーゴー 今夜はブギーバック Have a nice day! PAYDAY(初回限定盤)(DVD付) In the Silence 今夜はブギー・バック LOVE ELECTRO2 Proposal of Healing TRUE LOVERS(初回生産限定盤)(DVD付)

リスト::曲タイトル