今様

読書

今様

いまよう

平安時代中期に発生。当時の「現代流行歌」という意味の名前であった。歌詞が、7、5、7、5、7、5、7、5で1コーラスを構成するのが特徴。様々な歌詞が生み出された。平安時代末期には後白河法皇が愛好した。