昏迷

サイエンス

昏迷

こんめい

〔医〕 意識は保たれているが、外界の刺激に対する反応や意思の表出を欠く状態。

精神保健福祉法における昏迷

精神医療に関して昏迷昏迷状態)は精神保健福祉法に関係する厚生省からの通知で定義がなされている。

以下にその抜粋を行う。

精神保健及び精神障害者福祉に関する法律第二十八条の二の規定に基づき厚生労働大臣の定める基準(昭和六十三年四月八日 厚生省告示第百二十五号。以降漸次改正) 」より

昏迷状態
意志発動性が強く抑制されているために、精神的にも身体的にも外界にほとんど応答できない状態がみられ、このような病状又は状態像にある精神障害者は、対人接触等の日常社会活動のみならず、摂食、排泄せつ、睡眠等の生命維持に必要な活動を行うことができない結果、又は突発的な衝動行為を行う結果、自傷行為又は他害行為を行うことがある。