スマートフォン用の表示で見る

根津嘉一郎

社会

根津嘉一郎

ねづかいちろう

初代

実業家、東武鉄道社長。政治家、元衆議院議員、元貴族院議員

1860年8月1日(万延元年6月15日)、生まれ。1940年(昭和15年)1月4日、死去。

甲斐国(山梨県)出身。

1904年(明治37年)から4期衆議院議員、1926年(昭和元年)からは貴族院議員を務めた。

実業家として、明治25〜26年ころから株式投資に熱中し、財産を作った。経営にも興味を持ち、東武鉄道、太平生命保険、昭和火災保険、富国徴兵保険、帝国石油日清製粉などの社長。東京電燈、東京市鉄道南海電気鉄道、磐城セメントなどの重役を兼任した。

1905年(明治38年)請われて社長に就任した東武鉄道の経営では、路線延長によって経営再建して以後も、社長職にあった。

1922年、旧制七年制高校(現在の武蔵中学校・高等学校)を創立した。

美術品コレクションは、没後に「根津美術館」になっている。

2代

経営者、元東武鉄道社長

1913年9月29日、生まれ。2002年2月15日、死去。

初代根津嘉一郎の長男で、元の名は藤太郎と言った。

1940年(昭和15年)に東武鉄道取締役として入社。同年、父の死を受けて2代目を名乗り、1941年(昭和16年)7月に27歳で東武鉄道社長に就任。

1994年6月に、会長となるまで、53年近くに亘って社長を務めた。