根本長兵衛

社会

根本長兵衛

ねもとちょうべえ

新聞記者メセナ事業家。1932年8月19日‐2011年1月4日

東京生まれ。卒業大学不詳。東京大学文学部修士課程修了、1961年早稲田大学文学部仏文科博士課程満期退学、朝日新聞社入社。パリ、ローマ支局長、パリ駐在編集委員欧州文化担当)、東京本社論説委員ヨーロッパ・文化担当)。84年から朝日新聞社フランス文化省共催の日仏文化サミットの事務局長。90年退社、共立女子大学教授、2002年退職。90企業メセナ協議会専務理事を兼任。政策研究大学院大学客員教授、EU‐JAPANフェスト日本委員会プログラムディレクター。84年フランス政府芸術文化勲章シュヴァリエ章、96年オフィシエ章を受ける。

著書

  • 『小さい目のフランス日記』朝日新聞社,1978 のち文庫
  • 『文化とメセナ :ヨーロッパ/日本:交流と対話 街が再生し、市民がよみがえる』人文書院,2005.4

翻訳