根本良一

一般

根本良一

ねもとりょういち

1937年11月30日福島県生まれ。83年4月、矢祭町町長選に初当選。01年に「合併しない宣言」を行い、自立財政へ向け独自の道を歩み出す。強力な指導力のもとで行政改革を断行。職員数の削減、企業誘致の推進、議員定数の削減など議会改革も行った。07年4月、6期24年の町長生活から引退した。