スマートフォン用の表示で見る

混合診療

一般

混合診療

こんごうしんりょう

混合診療とは保険診療自由診療保険外診療)の併用。

現在は禁止されている。

主旨は「医療知識の乏しい患者に対し、医者が好き放題に保険適用外診療で適用されるのを防ぐため」。

効果のある診療と認可されれば保険適用内と扱われるため、認可の下りてない「効果があるのかないのか分からない診療」の処方を抑制している。

 現在(2012年3月時点)、導入が検討されている制度の1つであるが、反対意見も多い。 

反対派

  1. 患者負担の増大。私的保険による保障の増加
  2. 自由診療が許されるなら、保険適用申請は各病院の技術漏洩と同じことなので、医療技術の進歩に歯止めがかかる
  3. 充分な財産を持たない、あるいは、充分な私的保険に入っていない人は、満足な治療を受けられなくなる

賛成派

  1. 患者の選択の拡大
  2. 日本では許可されていない技術や医薬品の使用が出来る
  3. 国家負担の軽減

政府混合診療の解禁によって医療の質の向上および効率性が高まると主張するが、本音は公的保険の縮小による財政支出の抑制である。

混合診療を解禁せよ 違憲の医療制度

混合診療を解禁せよ 違憲の医療制度

最新 医療費のしくみ

最新 医療費のしくみ