スマートフォン用の表示で見る

佐々木守

一般

佐々木守

ささきまもる

脚本家放送作家、マンガ原作者。昭和11年石川県生まれ。明治大学文学部日本文学科卒。2006年2月24日、内臓疾患で死去、69歳。

大島渚作品の脚本でスタート。主な仕事に、テレビ番組「ウルトラマン」「怪奇大作戦」「柔道一直線」「七人の刑事」の脚本、「男どアホウ甲子園」(画/水島新司)の原作、「知ってるつもり」の監修等。

職人的な作品の一方で、古代史や反天皇制にこだわった特異な脚本も多く、現在もカルト的な人気を持つ。

ウルトラマン」「怪奇大作戦」では、特に、実相寺昭雄監督とのコンビ作が傑作として評価が高い。