スマートフォン用の表示で見る

佐々木力

キーワードの候補

2件

サイエンス

佐々木力

ささきちから

科学史学者、元東京大学総合文化研究科教授。

1947年3月7日宮城県生まれ。古川高等学校卒、1969年東北大学理学部数学科卒業、同大学院理学研究科進学(数学専攻)、博士課程中退、1976年からプリンストン大学に留学、80年Ph.D歴史学)、東京大学教養学部専任講師(科学史科学哲学)、83年助教授、91年教授。2004年12月、セクハラによる2か月停職処分となる。女子学生を執拗に海外旅行に誘い、断られると脅迫したと報道された(『週刊新潮』05年1月27日)が、同報道で本人は否定している。ウィキペディアではこの件をめぐって編集合戦となり、現在佐々木力の項目は新たに作ることもできなくなっている。2012年定年、中国科学院大学教授。なお同名異人で、労働法学者の佐々木力(つとむ、1921-)がいる。専門は数学史を中心とする科学史科学哲学。国際科学史科学哲学連合科学史部門理事、国際数学委員会執行委員

著書

:科学革命の歴史構造 上下 岩波書店 1985 のち講談社学術文庫

:科学史的思考 小品批評集 御茶の水書房 1987

:近代学問理念の誕生 岩波書店 1992

:生きているトロツキイ 東京大学出版会, 1996.2

:科学論入門 岩波新書 1996

:学問論 ポストモダニズムに抗して 東京大学出版会 1997

:マルクス主義科学論 みすず書房 1997

:科学技術と現代政治 ちくま新書 2000

:二十世紀数学思想 みすず書房 2001

:デカルト数学思想 東京大学出版会 2003 (コレクション数学史 1)

:数学史入門 微分積分学の成立 ちくま学芸文庫 2005

:21世紀のマルクス主義 2006 (ちくま学芸文庫)

‐『数学史』岩波書店 2010

‐『ガロワ正伝 革命家にして数学者ちくま学芸文庫、2011 

‐『東京大学学問論 <学道>の劣化』作品社、2014 

共編著

翻訳


一般

佐々木力

ささきちから

アパレル会社「リンク・セロリー・ジャパン」の元社長兼CEO

女優の萬田久子と20年以上に及ぶ事実婚関係にあったが、2011年8月9日にスキルス性胃がんで死去した。享年60。

科学史学者の佐々木力とは同姓同名の別人であるので注意。