スマートフォン用の表示で見る

佐治一成

一般

佐治一成

さじかずなり

生没年(1569年?生 -1634年没)


佐治一成は尾張知多半島の大野を中心とする西海岸地域を領する一族出身で、母は織田信秀の娘で織田信長の甥として生まれた。この織田家とのつながりがきっかけとなり、1584年に浅井長政の三女で従兄弟の小督(江)と結婚するが、同年の小牧・長久手の戦いにおいて、徳川家康三河へ帰陣する途中に家康に船を提供し、秀吉の怒りを買い尾張大野追放の上、新婚の妻とは即離縁させられている。

その後、表の歴史舞台からは姿を消すが1634年まで長命した。