佐川東京ロジスティクスセンター

一般

佐川東京ロジスティクスセンター

さがわとうきょうろじすてぃくすせんたー

佐川東京ロジスティクスセンターは、東京都江東区にあり、2012年12月13日に佐川急便株式会社の施設として開設した、都内最大規模の総合物流センターである。略称は「STLC」。

敷地面積は約29,000m²、地上6階建てで延床面積は約75,200m²にも及ぶ。

全国のネットワークをつなぐトラックターミナルハブセンター機能)、また物流を一括サポートするセンターとしての機能を併せ持ち、営業店(佐川急便千代田店)も併設されている。

首都高速道路木場インターチェンジにも近く、都心部へのアクセスはもとより、東京横浜などの主要港や、成田羽田両空港との連携もスムーズで、陸、海、空すべての輸送モードに迅速に対応する好立地で、国際化のゲートシティとしても活用できる。

単なる保管倉庫ではなく、海外も含め複数拠点から入荷した商品を、一括仕分けして全国に発送する大型クロスドックセンター機能を持つ。また、集荷、加工、配送まで一貫物流が対応でき、多目的物流センターとしても利用が可能となっている。

施設概要・特徴

物流

自動仕分け機の導入

2種類の自動仕分け機を導入し、お荷物の形状に応じて仕分けラインを分けることで配送業務の効率化と、輸送品質の向上を実現した。構内作業中の熱中症などを防ぐ目的で、半屋外エリアにも空調設備(冷房)を完備している。

流通加工機能

保管倉庫機能だけではなく、大型のクロスドックセンター機能を併せ持つことで、流通加工機能をメインに異業種複合多目的センターとして利用できる。商品の入荷から値付け・ピッキング・検品・梱包そして出荷までの流通工程を一括してサポートするロジスティクスサービスを提供する。

取扱商品は精密機器、電子部品、医療機器、販促物、書籍印刷物、アパレル、雑貨、通販等のあらゆる商品に対応し、かつ企業の危機管理をサポートするリコール・トータルサービス機能の併設も予定。

環境配慮型物流センター

大規模な壁面緑化、屋上緑化により建物への熱負荷低減とヒートアイランド現象の抑制に貢献する。

事務

シンクライアントシステム導入

施設内のPC環境をシンクライアント化。これはサーバー上ですべての処理を実行するシステムで、ユーザー側の端末には一切データが残らないセキュリティの高いシステムとなっている。

ユーザー側をノートPCにすることで、外出時なども館内と同じ環境で業務を行うことが可能となり、業務効率の向上が図れる。

省電力化

事務棟は軒の深い庇、縦ルーバーを採用することで、同じ窓面積の建物に比べ外部からの熱負荷低減を50%以上低減している。外壁に設置した開閉式窓と建物中央部に配置した光庭により、積極的な自然換気、自然採光を取り入れ、機械設備に頼らず自然エネルギーを最大限生かせる。

LED照明+昼光センサー、節水型トイレ、Low-Eガラス、サブ変電設備の高効率トランスに加え、太陽光パネル設置(計画中)に向けたスペースの確保など省エネルギー技術を積極的に採用している。

BCP対応

高潮、集中豪雨等の災害対策として重要機能室(防災センター等)を2階に配置している。

目次