佐倉宗五郎

社会

佐倉宗五郎

さくらそうごろう

慶長10年(1605年)?〜承応2年8月3日(1653年9月24日)?

日本の江戸時代前期における下総国印旛郡公津村(現在の千葉県成田市台方)の名主。姓は木内氏で俗称は宗吾。

公津村は佐倉藩の領地。年貢の取り立てが年々厳しくなるにつれて、佐倉を代表して領主への直訴を申し出でたが断られ、最終的には上野寛永寺に参詣する四代将軍の徳川家綱に直訴して佐倉藩の領民を救ったとされる逸話がある。