佐藤まさあき

マンガ

佐藤まさあき

さとうまさあき

劇画の創造者の一人。大阪府大阪市西淀川区出身。1939年9月15日〜2004年3月11日

中学時代から漫画家を志し、卒業後印刷工場に勤務のかたわら習作に励む。1955年貸本誌出版社日の丸文庫から「最後の流星投げ」でデビュー。

以後、貸本誌にハードボイルドものを発表。1959年さいとう・たかを辰巳ヨシヒロらと劇画工房を結成、貸本劇画の旗手となる。

1972年発表の「堕靡泥の星」は1979年に劇場映画化され、1991年にはオリジナルアニメビデオ化された。また『小説官能読切』に小説を連載。1980年代後半には劇画の浮上と共に青年漫画誌に移行、その後は女性週刊誌で水商売ものも手がける。この間、佐藤プロを設立。代表作に「黒い傷痕の男」「野望」「石の血脈」など。

著書に『ナンパの達人』『劇画私史三十年』『「劇画の星」をめざして』『「堕靡泥の星」の遺書』などがある 。


リスト::漫画家