スマートフォン用の表示で見る

佐藤義則

スポーツ

佐藤義則

さとうよしのり

プロ野球選手・指導者。野球解説者。

右投右打、ポジションは投手背番号は11番。


1954年9月11日生まれ。北海道奥尻島出身。

函館有斗高校*1から日本大学に進学。

1976年秋、シーズン78奪三振を記録し、当時の東都大学野球記録を樹立。

1977年ドラフト1位で阪急ブレーブスに入団。

同年、7勝3敗1セーブ、防御率3.85でパ・リーグ新人王を受賞。


1985年、シーズン21勝11敗で最多勝のタイトルを獲得。

1986年、最優秀防御率のタイトルを獲得。

落ちるカーブ「ヨシボール」を決め球に、1980年代ブレーブスのエースとして活躍。


1987年より3年連続で開幕投手を務め、通算5度務めた。

1995年、40歳11ヶ月での当時の史上最年長ノーヒットノーランを達成。*2

同年、オリックス・ブルーウェーブの初優勝に貢献した。



1998年、現役引退。

実働23年間で通算161勝134敗48セーブを記録。


1999年、オリックス・ブルーウェーブの二軍投手コーチに就任。

2002年、阪神タイガースの一軍投手コーチに就任。翌年のリーグ優勝に貢献。


2005年、故郷である北海道日本ハムファイターズの二軍投手コーチに就任。

2006年、一軍投手コーチに昇格。翌年、退団。

2008年は故郷STV野球解説者を務めた。

2009年、東北楽天ゴールデンイーグルス投手コーチに就任。14年には星野仙一の療養に伴い一時的な監督代行を務める。

功績を称え、出身地である奥尻島には「佐藤義則 野球展示室」が設けられている。

*1:現在の函館大学付属有斗高校。

*2:2006年、中日ドラゴンズ山本昌広が41歳1ヶ月6日で達成し、最年長記録を更新。