スマートフォン用の表示で見る

佐藤孝夫

スポーツ

佐藤孝夫

さとうたかお

プロ野球選手・指導者・スカウト。

通称「バンビ」。

右投右打、ポジションは外野手内野手背番号は5番。


1931年8月10日生まれ。宮城県白石市出身。

白石高校から仙台鉄道管理局で活躍。「仙台鉄道管理局に佐藤あり」と言われる。

1952年国鉄スワローズに入団。24試合連続安打を放つなど、一年目からレギュラーとして活躍。

打率.265、14本塁打の成績でセ・リーグ新人王を獲得。*1

1957年には22本塁打を放ち、本塁打王を獲得。

躍動感溢れるプレーで人気を集め、「バンビ」の愛称で親しまれた。

1963年、現役引退。1964年、コーチに就任。以後1981年まで務める。

1979年にはシーズン途中に辞任した広岡達朗監督の後を受け、ヤクルトスワローズの代理監督を務めた。

1982年西武ライオンズのコーチに就任。1983年まで務める。

1984年阪神タイガースのスカウトに就任。

1986年、コーチとしてスワローズに復帰。

1989年、スカウトに転進。1999年まで務める。


退任後は東北地区の野球解説者、札幌アンビシャスのコーチを務めていた。


2005年3月21日、脳内出血のため仙台市内で逝去。

*1:この年盗塁も45個記録しているが、これは1997年小坂誠に破られるまで、新人盗塁の日本記録であった。