スマートフォン用の表示で見る

佐藤惣之助

音楽

佐藤惣之助

さとうそうのすけ

詩人。作詞家。

1890年12月3日生まれ。神奈川県川崎市出身。

1904年頃より句作を開始。

1910年小山内薫吉井勇などと劇作を試みる。

1911年、川田花枝と結婚。

1912年12月、福士幸次郎、千家元麿、高村光太郎木村荘八と雜誌「テラコツタ」を創刊。

1915年、元麿らと雜誌「エゴ」創刊。「白樺」の衞星雜誌として武者小路実篤も寄稿。

1916年、詩集『正義の兜』出版。

1929年7月、詩人のクラブ「詩之家」設立、10月、萩原朔太郎らと機関紙「日本詩人」創刊。

1933年1月、夫人花枝と死別、同年8月萩原朔太郎の妹・愛子と再婚。

1938年9月、久米正雄林房雄川口松太郎らと武漢作戰に從軍記者として參加。

1942年5月15日、義兄朔太郎が死亡した4日後に後を追うようにして死去。

コロムビアレコードの専属作詞家としても活躍。

初代「巨人軍の歌」や、阪神タイガースの歌六甲颪」の作詞者として知られる。

川崎市沖縄県に詩碑が立てられている。