スマートフォン用の表示で見る

佐藤大輔

キーワードの候補

3件

スポーツ

佐藤大輔

さとうだいすけ

かつてフジテレビスポーツ局に所属していた、総合格闘技PRIDE」のチーフプロデューサー

2000年から格闘技を同局で担当した。

2006年、フジテレビを退社し、フリーの映像作家に(理由は後述)。



構成作家・村上卓史、ナレーター立木文彦と力をあわせて、同団体の特徴である作りこんだ選手紹介ビデオの構成を担当。

エヴァンゲリオン」の影響を受けたと自認する幻想的な映像演出が評判を呼ぶ。


IQレスラー」(桜庭和志

「最凶のグレイシー」(ハイアン・グレイシー

「本能のサムライ」(美濃輪育久

「人喰い王者・・・主食、日本人」(ヴァンダレイ・シウバ

ロシアン・ラストエンペラー」(エミリーヤネンコ・ヒョードル

など、さまざまな異名がこの紹介映像から生まれた。


また一方、自社のフジテレビが毎年グランプリ大会を放送し、自分も1年前(2003年?)まで演出を担当していたにも関わらず、K-1を激しく敵視。



TBSとは視聴率競争になりますが、番組の視聴の質と満足度ではDSEと我々が圧勝です。Dynamite!!とは番組としてのジャンルが違う」

「“格闘技の勝利”を高らかに叫べるようにしたい」

「最近、とあるリングでは『格闘技』という言葉が空しく響く茶番劇が数多く」

「120%出るわけのない『ボクシングヘビー級チャンピオン』よりこの(PRIDEの)トーナメントの方がよっぽど『ロマン』があります」


などの辛らつな批評を行い、格闘技ファンから注目を浴びた。



その後、2006年6月、フジテレビが「契約違反」として突如PRIDE地上波放送を打ち切り。そのため一時期PRIUDE映像の現場から離れたが、「自分のやりたいことはこれだから」と同年10月31日に退職。PRIDE武士道GP決勝でナレーター・立木氏とともに正式復帰し大喝采を浴びた。



映像作成を共に行っていた構成作家・村上卓史氏のHP

http://www009.upp.so-net.ne.jp/muramura/index.htm

日記サイト

http://www4.diary.ne.jp/user/431081/


リスト::格闘技関係者

読書

佐藤大輔

さとうだいすけ

小説家漫画原作者。1980年代はボードのウォーシミュレーションゲームデザイナー

かつては「藤大輔」の名義で、ゲーム雑誌「シミュレイター」での記事執筆や、「コンバットコミック」でのコミックの原作・特集の解説などを行なっていた。

2006年4月、唐沢俊一氏の日記から、結婚していたことが判明した。

主なシリーズ

小説

など

漫画原作

amazon:佐藤 大輔


一般

佐藤大輔

さとうだいすけ

国連盟・更正保護女性組合、会長の肩書きで送られてくる振り込め詐欺のメンバーの氏名。


<詐欺団の主要構成員>

会長 佐藤大輔

副会長 子守勝

弁護士 岡田順一


http://d.hatena.ne.jp/heartless00/20080127/1201422497より