スマートフォン用の表示で見る

佐藤忠良

アート

佐藤忠良

さとうちゅうりょう

:芸術家

彫刻家1912年宮城県に生まれ、少年期を北海道で過ごす。ロダンマイヨール、デスピオなどに惹かれて彫刻家を志す。

 戦争によって一時制作を中断するが、一貫して塑造による具象表現の道を歩む。作品のほとんどが人間像。身近な人物たちをモデルにした生命感みなぎる頭像、清新な女性像、純真無垢なこどもの像がほとんど。清真な印象を与える作品が多い。

2011年3月30日に98才で亡くなった。

 「みやぎ夢大使」。(2005年-2006年)