スマートフォン用の表示で見る

佐藤直子

スポーツ

佐藤直子

さとうなおこ

元プロテニス選手。

1955年1月2日生まれ、東京都千代田区出身。

全日本テニス選手権の15歳以下部門に12歳で優勝。16歳から単身で海外遠征を始め、1973年からアメリカヒューストン大学に留学。

1976年、フェドカップ日本代表選手に選ばれる。

1977年1月の全豪オープンで女子シングルスのベスト8に入り。

1978年全豪オープンではパム・ホワイトクロス?オーストラリア)とペアを組んで女子ダブルス決勝に進出した。

全日本選手権では、女子ダブルスで1976年、1984年、1986年、1988年の4度優勝。

1991年2月現役引退。

現在は後進の育成に携わり、日本プロテニス協会理事なども務めている。


* リスト::テニスプレイヤー