佐伯千仭

一般

佐伯千仭

さえきちひろ

略歴

1907年 熊本県生まれ。

1930年 京都大学法学部卒業後、助手、助教授を経て立命館大学法学部教授

1934年 助教授として京都大学法学部に復帰

1941年 教授

1946年 退官

1947年 大阪弁護士会に所属し弁護士として活動を開始

以後、東京裁判松川事件東京中郵郵便法違反事件、東京都教組地公法違反事件などにかかわる。その間、日本学術会議会員、法制審議会委員を努める

主な著書

ドイツにおける刑法改正論」(1962年

「犯罪と刑罰(上)(下)」(1968年有斐閣

刑法における違法性の理論」 (1974年、有斐閣

刑法改正の総括的批判」(1975年

「刑事訴訟の理論と現実」(1979年有斐閣

刑法講義総論(四訂版)」(1984年有斐閣

刑法における期待可能性の思想」(増補版、1985年有斐閣

「共犯理論の源流」(1987年有斐閣

「刑事法と人権感覚—ひとつの回顧と展望」(1994年法律文化社

陪審裁判の復活」(1997年、第一法規出版)