佐野元国

スポーツ

佐野元国

さのもとくに

80年代のプロ野球選手。登録名「佐野クリスト」。

右投右打、ポジションは捕手背番号は39→37番。

1958年3月6日生まれ。神奈川県出身

横浜高校から1978年、ドラフト3位で近鉄バファローズに入団。

1980年ウエスタンリーグで20本塁打を記録。

1985年、島貫省一?との交換トレードで読売ジャイアンツに移籍。

一軍出場機会にほとんど恵まれなかった。

1989年、現役引退。バッテリーコーチに転じる。

1990年横浜大洋ホエールズバッテリーコーチに就任。

1993年読売ジャイアンツバッテリーコーチに就任。

村田善則を育てた。

1995年、二軍に転じる。

1996年、退団。

1998年、二軍バッテリーコーチに復帰。

1999年、一軍に復帰。

2000年、退団。


現在は横浜市少年野球の指導に力を入れている。

マスターズリーグ札幌アンビシャスの選手としても活躍。