スマートフォン用の表示で見る

佐野洋子

アート

佐野洋子

さのようこ

絵本作家エッセイスト

1938年6月28日、生まれ。2010年11月5日、死去。72歳だった。

北京に生まれる。谷川俊太郎は元夫。

武蔵野美術大学デザイン学科卒業後、1967年から一年間、ベルリン造形大学でリトグラフを学ぶ。

帰国後、デザイン、イラストレーションを手がけながら絵本を描く。『おじさんのかさ』でサンケイ児童出版文化賞推薦、『わたしが妹だったとき』で新美南吉文学賞、『わたしのぼうし』で講談社出版文化賞絵本賞を受ける。

他に『100万回生きたねこ』『だってだってのおばあさん』『おれはねこだぜ』、エッセイ集『私の猫たち許してほしい』『アカシア・からたち・麦畑』『ふつうがえらい』等。

2003年、紫綬褒章 受章。

2008年、巌谷小波文芸賞 受賞。

amazon:佐野洋子