スマートフォン用の表示で見る

左右病

スポーツ

左右病

さゆうびょう

野球で、監督の采配における特徴を表現した言葉。

野球の特徴として、右投手と左打者、左投手と右打者は相性が良く、打たれやすいために、

同じ利き腕の投手や打者を起用する事が多くある(実際には必ずしも右対左、左対右の相性が良いわけではない。むしろ同じ打席の選手が揃っているほうが投手は攻めやすくなる)。

象徴的な存在が前面に出る監督によって濫用しがちであるため、病名として定着した。