スマートフォン用の表示で見る

左慈

一般

左慈

さじ

字は元放。三国志後漢書の登場人物。妖術師。

何キロも離れた場所から肉や酒を取り寄せたり、お盆の水から魚を釣り上げたりした。曹操から窃盗の嫌疑をかけられて逃亡、羊に化けて追っ手の目をくらませ逃げのびた。

三国志魏書・方技伝の注によると左慈は房中術?に通じていたという。

三国志演義」では、奇妙な術で曹操を翻弄する道士として描かれている。