左翼小児病

社会

左翼小児病

さよくしょうにびょう

社会主義運動において、公式主義に立って、現実的でない過激な言動をとる傾向。客観的な情勢を無視して目的を実現しようとする急進主義や過激主義?批判する用語1920年ウラジーミル・レーニンの著書『共産主義における左翼小児病("Left-Wing" Communism: An Infantile Disorder)』で用いた語。