スマートフォン用の表示で見る

沙河会戦

社会

沙河会戦

さかかいせん

沙河会戦(さかかいせん)

1904年、沙河付近において満州軍とロシア軍主力との間で行った戦闘。遼陽会戦に敗れて退却したロシア陸軍は、ロシア本国からの増援を受け、大日本帝国陸軍に対して反撃を開始。帝国陸軍ロシア軍の攻撃を察知し反撃に転じ、敵を撃退。しかし、日本軍は弾薬不足のため攻撃を中止、ロシア軍に徹底的な打撃を与えることはできなかった。この戦い以降冬季に突入、(沙河の対陣)が始まった。花の梅沢旅団が活躍を見せたことで有名。