スマートフォン用の表示で見る

砂田量爾

テレビ

砂田量爾

すなだりょうじ

シナリオ作家。1926年5月21日、愛媛県今治市生まれ。1948年大阪大学理学部卒。中学校教師となるが一年で退職して上京、62年TBS「七人の刑事」で放送作家としてデビュー。

テレビでは「日日の背信」(丹羽文雄原作)「辻が花」「舞いの家」(立原正秋原作)「波の塔」(松本清張原作)「さらば夏の光よ」(遠藤周作原作)「霧の湖」(少年ドラマ、久生十蘭「肌色の月」)「亜紀子」(大原富枝原作)「大阪暮色」「定年後」(岡田誠三原作)「山を走る女」(津島佑子原作)「道頓堀川」(宮本輝原作)「ああ、この愛なくば」(大石邦子原作)「泣く女」「娘たちの四季」(小椋佳原作)「雷獣」(立松和平原作)

映画は「衝動殺人、息子よ」。