座薬

坐薬とも。主成分を油脂などで固め、肛門や膣などに挿入する外用薬。体内にて体温で油脂分と主成分が溶けて吸収される。主に痔や解熱鎮痛を目的に使われる。