最高神祇官

読書

最高神祇官

さいこうじんぎかん

pontifex maximusの訳語。他に神祇官長、大神祇官、最高司祭大神官、最高神官などとも訳される。

古代ローマ官職の一つ。神官団の長で国家祭儀の責任者。高齢者の就く名誉職に近い面もあるが、共和制ローマにおいては、元老院首席(プリンケプス・セナートゥス)とともにもっとも高い権威(権力ではない)を持つものと言ってよい。

カエサルユリウス・カエサル)は運動して、かなり早期にこの職に就いている。