スマートフォン用の表示で見る

最小作用の原理

サイエンス

最小作用の原理

さいしょうさようのげんり

物体の運動を求める、ニュートン方程式とは別の方法。ある時間だけ離れた始状態と終状態を固定し、その間をつなぐ物体の軌跡のうち「作用」と呼ばれる量を最小にする軌跡が実現される、という原理。ニュートン方程式と等価であり、また量子力学と相性がいい。