宰相殿の空弁当

宰相殿の空弁当

(一般)
さいしょうどののからべんとう

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いにおける、毛利秀元にまつわる故事。略して「空弁」とも。

概要

関ヶ原の戦いにおいて、毛利軍は家康本陣の背後にある南宮山に布陣。
秀元は南宮山を降りて徳川軍の背後から攻撃するつもりであったが、先陣を務める吉川広家が出撃に反対、道を塞いでいたため動けずにいた。
毛利軍の背後に陣を構えていた長宗我部盛親の出陣要請に困惑した秀元は、苦し紛れに「今、兵に弁当を食べさせている」と答えた。そこから秀元の官位(参議。唐名で宰相)をとって「宰相殿の空弁当」という言葉が生まれた。

新着ブログ: 宰相殿の空弁当