スマートフォン用の表示で見る

斎藤次郎

社会

斎藤次郎

さいとうじろう

元・旧大蔵省事務次官。H5年に事務次官になったが、大蔵省の不祥事などの責任を取る形で通年より早く辞任

2009年、日本郵政の新社長に内定した。


事務次官時代は1993年からわずかに成立していた非自民政権と関係が深く、細川護煕首相に「国民福祉税」を提唱させた黒幕と言われたほか、小沢一郎との連携は「一郎・次郎コンビ」「1、2コンビ」などと呼ばれた。