スマートフォン用の表示で見る

菜根譚

読書

菜根譚

さいこんたん

中国、明代の処世哲学書。二巻。洪応明(こうおうめい、字は自誠)著。万暦年間(1573-1619)成立。儒教思想を中心にし、仏教道教思想も加味した約三六〇条の処世訓。江戸時代に伝来し、日本で広く愛読された。菜根談」 (『大辞林』 第二版)

中国の雑学書。二巻。明の洪応明著。成立年未詳。警句ふうの短文三五七条からなる語録で、仕官中の保身の術や退官後の山林閑居の楽しみを、儒教仏教道教の思想をまじえた立場で述べたもの。中国より日本で愛好された」(『大辞泉』)

amazon:菜根譚