社会

裁定価格理論

さいていかかくりろん

意味

【arbitrage pricing theory】

1977年にロスが提唱したもので、個別証券のリターンをいくつかの価格決定ファクターで説明できるとした場合の、市場均衡(裁定アービトラージが発生しない状態)を表すモデルのことです。

同一のリスクで期待リターンが異なる2つの資産があるとすれば、投資家は高い期待リターンの資産を購入し、低い期待リターンの資産を売却するといった裁定行動をとるため、2つの資産は同じリターンになるという理論。

資本資産価格モデル(CAPM:Capital Asset Pricing Model)へのアンチテーゼとして生まれた理論で、証券価格は裁定機会がなくなるように均衡すると考え。