裁定買い残

一般

裁定買い残

さいていかいざん

裁定買い残とは、裁定取引において、裁定買いにおける現物株の残高のこと。

裁定取引は解消されるときに必ず売却される現物株になるので、裁定買い残が増えていくと、それは将来の売り圧力が高まっていると判断される。