スマートフォン用の表示で見る

罪ある母

読書

罪ある母

つみあるはは

罪ある母』(La Mère coupable)

フランス劇作家ボーマルシェ戯曲。1792年。

いわゆる「フィガロ三部作」の最終話である。

邦訳は『マリヴォー/ボーマルシェ作品集』(白水社1977年)に収録されている。

フランスの作曲家ダリウス・ミヨー(1892-1974)がオペラ化している。初演は1966年

マリヴォー・ボーマルシェ名作集 (1977年)

マリヴォー・ボーマルシェ名作集 (1977年)