スマートフォン用の表示で見る

財政検証

社会

財政検証

ざいせいけんしょう

厚生年金基金および確定給付企業年金の財政状態をチェックすること。将来も継続してその年金基金(制度)を運営していくことを前提とした継続基準と、ここで解散した場合にそれまでに確定している給付債務を賄える資金が積み立てられているか検証する非継続基準の二種類がある。毎年の決算で両方の検証を行うことが義務づけられている。

財政検証とは、平成16年年金制度改正により導入され、保険料水準固定方式の下、社会・経済情勢の変化に伴う様々な要素を踏まえて財政状況を検証し、少なくとも5年に一度、「財政の現況及び見通し」を作成するものです。この財政検証において給付水準の自動調整によりどこまで給付水準を調整する必要があるかを推計し、財政検証を行った時点で調整を終了してもおおむね100年間にわたって年金財政の均衡が図られる見通しとなっていれば、給付水準の調整を終了することとなります。

厚生労働省年金財政ホームページ年金用語集より)