スマートフォン用の表示で見る

財政制度等審議会

社会

財政制度等審議会

ざいせいせいどとうしんぎかい

2001年の中央省庁再編に伴って、旧大蔵省にあった5つの審議会を統合し発足した財務大臣諮問機関

財務省設置法平成11年法律第95号)第七条第二項の規定に基づいた財政制度等審議会令により設置。

主な役割

予算編成など、国の財政のあり方について検討すること。

さまざまな議論があるが、特に財政制度分科会が提出する「予算の編成等に関する建議(意見書)」は、予算編成に影響を与えるため注目されている。

構成

経済界、産業界(マスコミ)の代表、有識者(大学教授等)等

分科会

以下の 5 つの分科会がある

その他

これまでは、閣議決定に同調してきたが、2008年度の定額給付金には異を唱え注目された。