財政投融資特別会計国債

一般

財政投融資特別会計国債

ざいせいとうゆうしとくべつかいけいこくさい

財政投融資特別会計国債とは、日本国債を発行根拠によって区分した場合の種類の一つ。通称は「財投債」。

財政融資資金において運用の財源に充てるために発行され、その発行収入金は財政投融資特別会計の歳入の一部となるものを指す。

一般財投債は、その償還や利払いが財政融資資金の貸付回収金により行われるという点で、主として将来の租税償還財源とする普通国債とは性格が異なる。また、財政融資資金特別会計では、本債券によって調達した資金独立行政法人特殊法人などの財投機関に融資している。

ちなみに、2007年度以前は、「財政融資資金特別会計国債」という名称だった。

なお、利払い・償還財源が主として税財源により賄われるものを「普通国債歳入債)」というが、通常、財投債と普通国債は一体として発行されており、金融商品としては全く同じものとなっている。