スマートフォン用の表示で見る

財津和夫

音楽

財津和夫

ざいつかずお

アーティスト ミュージシャン

1948年2月19日生まれ、福岡県出身


高校時代、ビートルズを聴き影響を受ける。

この頃、初代ベーシストである吉田彰と出会い、1971年チューリップ結成。

1972年上京、東芝レコードより「魔法の黄色い靴」でデビュー。

3作目の「心の旅」(1973年)がオリコンチャート第1位を獲得後、

青春の影」 (1974 年)、「虹とスニーカーの頃」(1979年)等のヒット作を発表。

コンサート1000回を記念し、よみうりランドを1日貸し切って“TULIP LAND”と

題した「1000th LIVE」(1982年) 、芦ノ湖畔にシンボル・パゴタの塔を建てての

野外コンサート「8.11 パゴタ」(1984年)など、チューリップは現在のJ-POP

アーティストの先駆けとなる大イベントを数多くこなす。


チューリップはアルバム34枚、シングル34枚を発表、1244本のコンサートを行い、1989年、

18年間の歴史を閉じる。


チューリップの活動と並行して1978年からソロ活動をスタート。

「WAKE UP」(1980年)はセイコーCFソングとなり大ヒット、

1993年には「サボテンの花ひとつ屋根の下より〜」がフジテレビ系ドラマの主題歌となる。


また、作曲家としても、松田聖子の「白いパラソル」、沢田知可子の「会いたい」などのヒット曲を世に送り出している。


2004年秋にはアルバム「サボテンの花〜grown up」をリリース、大都市圏でソロコンサートツアー“青春の影 this fall”が行われた。

また、1997年、2000年、2002年に続き、2005年にもチューリップを再結成し、6月からツアーをスタートさせた。