スマートフォン用の表示で見る

財閥

一般

財閥

ざいばつ

辞書的な定義としては、「特定の家族あるいは同族の封鎖的な所有・支配体制の下で展開された多角的事業経営体」(LYCOSディクショナリーより)ではあるけれども、実際には銀行を中心とした戦後日本の企業グループ(同族経営でなくとも)をこう呼ぶこともあった。

  1. 一般的には、三井、三菱、住友の三大財閥を狭義の財閥(旧財閥)と呼ぶ
  2. これに加えて、金融財閥であった安田を加えて四大財閥と呼ぶ
  3. さらに、GHQによる財閥解体指令を受けた11財閥を加え、十五大財閥と呼ぶ

[日本]

(この他に戦前は15社程度存在)