坂間勇

サイエンス

坂間勇

さかまいさむ

物理学者駿台予備学校物理科講師.(1935年‐2008年8月8日 享年74歳)

東京工業大学理学部物理学科(専攻分野:素粒子原子核)卒業後,茨城大学助教授を経て駿台予備学校で教鞭を取る.

物理学の本質を教えることをモットーとし,その本質を喝破した授業に感銘を受け,物理学科を志望する受講生もいた.また,長年講師を勤めていたために,師の教え子で駿台予備学校の壇上に立つ講師もいる.没年も御年とは思えぬ鋭気あふれる授業を行っていたが,2008年6月頃から体調不良のため休講が続いていた.

著作『現代の物理学 -力学編-』まえがき最後の一文で電磁気編を出す意志を見せたがそれは果たされぬこと

になるのであろう.