坂口三千代

読書

坂口三千代

さかぐちみちよ

坂口安吾の妻。安吾亡き後は作家らが訪れるバー「クラクラ」を経営しながら、回顧エッセイ「クラクラ日記」を執筆。