スマートフォン用の表示で見る

坂口博信

ゲーム

坂口博信

さかぐちひろのぶ

スクウェア(現スクウェア・エニックス)の人気ゲームソフトファイナルファンタジーの生みの親。

1962年生まれ、茨城県出身。横浜国立大学電気情報工学科中退。

1983年スクウェアにバイトとして参加し、いつの間にか社員となる。1987年ファイナルファンタジーをヒットさせ、以後のシリーズに直接、間接的に携わっていく。

2001年には、フルCG映画「ファイナルファンタジー」で監督を務める。

同映画は巨額の予算を投じて製作されたが、記録的な大失敗に終わる。

その後、スクウェアを退社。

2004年ゲームデザインメーカー、株式会社ミストウォーカー設立

2005年E3にて鳥山明キャラクターデザインを務めるブルードラゴン井上雄彦重松清が参加するロストオデッセイの制作を発表。