坂根正弘

一般

坂根正弘

さかねまさひろ

日本の実業家。

さらに詳しい略歴

1941年1月7日生まれ。広島県広島市出身。原爆投下の2か月前に島根県浜田市疎開し、少年期をそこで過ごす。

1963年、建機大手の小松製作所入社。2001年に社長に就任。当時赤字100億円と言われた会社を得意分野の強化による「ダントツ経営」で再建を図った。

その後、小松製作所(コマツ)会長を経て、現在相談役に。また、経済界にも尽力を図る。2014年の秋の褒章で旭日大綬章を受章する。