坂田健史

スポーツ

坂田健史

さかたたけふみ

プロボクシング選手。協栄ボクシングジム所属。

技術にはまだ向上の余地ありだが、手数やスタミナなどフィジカルで勝負する選手。

経歴

1980年1月29日生まれ。広島県出身。

1999年度全日本フライ級新人王獲得。

2001年4月、日本フライ級王座決定戦で川端賢樹を下し、タイトル獲得。以降、3度の防衛に成功。

2002年4月、トラッシュ中沼に敗れタイトルを失う。

2003年4月、中沼との再戦を制し、タイトル奪回。以降2度の防衛に成功。

2004年6月4日、ロレンソ・パーラの持つWBAフライ級王座に挑んだ。2ラウンドにアゴを骨折するほどのダメージを受けながら勇敢に戦い、王者を苦しめたが、結果は2-0の判定負け。

2005年9月19日、パーラに再挑戦。アウトボクシングに徹するパーラーをとらえきれず、2-0の判定負け。

2006年12月、ロベルト・バスケスとのWBA世界フライ級暫定王座決定戦に挑戦。判定負け。

2007年3月19日、パーラをTKOで下し、WBA世界フライ級王座獲得。

7月1日バスケスとの王座統一戦を判定で制し、王座統一と初防衛に成功。

プロ戦績36戦31勝(15KO)4敗1分。





* リスト::ボクサー