スマートフォン用の表示で見る

坂田昌一

サイエンス

坂田昌一

さかたしょういち

物理学者

1911年1月18日〜1970年10月16日。東京出身。

1933年京都大学卒業。先輩に湯川秀樹朝永振一郎ノーベル賞受賞者がいる。

1934年大阪帝国大学理学部助手。素粒子の研究に入り、湯川秀樹中間子論に協力、京大武谷三男とともに研究。1939年京大講師。

1942年2中間子論を発表。素粒子模型の基礎を作る。同年名大教授。

戦後の1946年民主的運営を定めた教室憲章策定を主導し、名大物理学教室の再建を目指す。1947年凝集力場の理論を発表。

1950年学士恩賜賞受賞。1956年中国に渡り、物理学交流の端緒を開く。またストックホルムでの世界平和評議会にも出席した。

1962年湯川、朝永とともに日本版パグウォッシュ会議を提唱し、科学者の平和に対する責任を訴える。1964年北京科学シンポジウム日本代表団長。日本学術会議創設以来の会員。