坂田道孝

スポーツ

坂田道孝

さかたみちたか

佐賀大学教授。佐賀県サッカー協会理事長。

1992年にJリーグが発足すると、誘致運動を積極的に行う。鳥栖スタジアム建設に協力。

1994年、静岡県浜松市にあったPJMフューチャーズ佐賀県鳥栖市に誘致し、「鳥栖フューチャーズ」を発足させる。

1997年1月、経営難の為にチームが解散。チーム名「サガン鳥栖」として存続も経営難に陥る。

2000年1月7日、再興を見ることなく、腎臓がんのために逝去。


2005年、株式会社サガンドリームスへの経営譲渡が決定。クラブの解散は免れた。


同年1月30日、その功績を称え、サガン鳥栖背番号17番*1永久欠番となった。

*1:命日の1月7日にちなみ、17番を制定。